家具レンタルは手軽に始めることができます

テーブル

簡単に依頼

鉢植え

観葉植物のリースの便利さ

殺風景なオフィスに一花添える存在になるのが観葉植物です。観葉植物はオフィスのみならず、飲食店やショッピングモールといった場所にも地味なあら彩りを添える存在になっています。人と物だけでは殺風景になりがちなこれらの場所も、観葉植物がひとつあるだけで何となく落ち着くものです。しかしそうはわかっていても、観葉植物は世話をしなければいけないものであるため、設置するのに二の足を踏んでしまう方もいるかもしれません。しかし世話の問題ならリースで観葉植物を借りることで解決します。リースで観葉植物を設置するのであれば、世話も管理もすべてリース業者が引き受けてくれます。こちらがやることはリース料を支払うだけであり、維持するのにたいした負担も必要ないのです。

購入やレンタルとの違い

ただし観葉植物のリースではいいことばかりでもありません。中途解約が難しかったり契約事項に違反した場合は違約金が取られる可能性もあるので、契約時の書面はしっかり確認しておくことが必要です。それに一括で購入するよりも、コスト面で負担がかかります。リースを続ける限りずっと支払いが続くので、購入して自分で世話をしたほうが安く済ませられる場合もあります。それに観葉植物も生きているので、途中で枯れたりといったこともあります。そんな時は業者に連絡を入れて新しいものと交換してもらう必要がありますが、つい面倒になって放置してしまいがちです。それ以外でもリース契約の更新の手続きなどもあります。こういった諸手続きもリース契約には定期的に必要になるので、面倒がらずに管理ができる事業主に向いている方法といえます。